保育所が抱える問題について考える

都心に少ない理由とは

保育所は特に都市圏において不足しがちになっています。待機児童問題がテレビで取り上げられるなど、需要が多くなっているのに対してなぜ不足してしまうのか、その原因としてまず挙げられるのが場所を多く必要とする割に儲けが少ないという、土地生産性の低さがあります。民間企業が保育所の運営に参入しようとしても、土地生産性が非常に低い保育所は採算がどうしても取れないため、なかなか民間企業が参入する事は難しく、仮に参入したとしても人件費を削減するなど新たな問題が増えてしまうという結果になってしまいがちです。

東京都ではこういった問題を解決するために認証保育所という制度が導入されています。この認証保育所という制度は、国の定める認可保育所の基準を満たしていなくても、都の定めた基準を満たしていれば補助金を出してもらえるという制度です。これによって園庭がなくても保育所として認められるため補助金を貰う事ができ、例えばビルの中のワンフロアだけの保育所であっても都の基準さえ満たしていれば補助金を得る事が可能となりました。

保育所が都心で不足しがちになるのは、土地生産性の低さが原因で、採算がとりにくいため民間企業が参入しにくいという状況がその原因のひとつとされています。しかし認証保育所という制度により以前よりも民間企業が参入しやすくなったことで、この問題は多少の改善を見せています。